2012年5月22日火曜日

IABがデジタルメディア営業向けの認定プログラムを開始



IAB(Interactive Advertising Bureau) がデジタル分野の営業担当者向けの認定プログラムを6月からスタートすることを発表しました。


IAB Launches Digital Media Sales Certification to Set New Professional Benchmark for the Interactive Advertising Industry
http://www.iab.net/about_the_iab/recent_press_releases/press_release_archive/press_release/pr-051612_salescert


IABのVPである Michael Theodore(マイケル・セオドア)氏は、今回の認定プログラムの発表について以下のように述べています。


“The certification program will help raise the level of professionalism in the digital field by allowing salespeople to demonstrate their knowledge of the complex interactive environment,”
-
「この認定プログラムによって、デジタルの営業担当者は複雑なインタラクティブメディアの環境についての知識を実証することができ、デジタル分野での専門性のレベルを上げるのに役立つでしょう」

“Much like examinations in other fields, this test will give current job holders and job seekers a ‘score card’ to prove their understanding of the most important concepts, guidelines, and best practices in digital advertising. Businesses also benefit by ensuring that they have the most competent sales teams possible.”
-
「他の多くの分野の試験と同じように、このテストでも、デジタル広告の重要な概念やガイドライン、ベストプラクティスの理解を証明する"スコアカード "を提供します。企業もまた、有能な営業チームを率いている会社であることを証明することができるというメリットがあります。」

試験はデジタル業界での経験が2年から5年程度あるセールス向けに設計されており、IABの会員は350ドル、非会員は450ドルに加えて諸費用がかかるようです。

試験範囲や概要もPDFで公開されています。


Candidate Handbook(受験者用ハンドブック)
http://www.iab.net/media/file/Candidate-Handbook-Draft-FINAL-0515122.pdf

Content Outline(試験の概要)
http://www.iab.net/media/file/Certification-Content-Outline-v3.pdf


試験の概要には、カテゴリ別に必要な知識やIAB内の該当記事などが網羅されており、親切なつくりになっています。




デジタル領域はここ数年で加速度的に複雑になっており、(特に総合系のインタラクティブ代理店の)営業担当者がカバーしなければいけない範囲もますます広がってきています。こういった認定プログラムは頻繁に設問設計や内容が更新されるのであれば、とても意義があるように思いますね。実際、一度取ったらOKではなく、1年ごとに更新が必要なようです。

英語に自信のある方、外資系の広告代理店の方、教育プログラムに関心のある方はぜひトライされてはいかがでしょうか!ちょっと高いですけどね。。。



0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...