2012年1月22日日曜日

Orkutがついにブラジル首位の座をFacebookに明け渡す




# 「Facebookがすごい!」という記事は正直食傷気味なので、今回はOrkut 視点で書いてみたいと思います。


ブラジルのナンバーワンSNSは、Orkut からFacebookへ
米調査会社のComScoreによると、Google が保有するSNSであるOrkut が、長い間保持してきたブラジルNo.1ソーシャルネットワークの座を、昨年12月の時点でFacebook に譲り渡したそうです。


リンク:
Facebook Continues its Global Dominance, Claiming the Lead in Brazil

Facebook Blasts into Top Position in Brazilian Social Networking Market Following Year of Tremendous Growth


リリースによると、Orkut の成長はここ数年で停滞しており、長らく3,000万〜3,500万のユニークビジター数でうろうろしていたところ、ここ2年ほどで急伸してきたFacebook に一気に捲られる結果になりました。Facebook は2011年の1年間で2,300万人以上のユニークビジターを新たに獲得しており、長らく革新がなく活発さを失っていたOrkut はなすすべなくFacebook の後塵を拝することになります。



eMarketer ではすでに2011年9月にFacebook がOrkut を抜いたというリリースを出していますが、これに上記のComScore も加わったことで、ブラジルにおけるOrkut の優位は絶望的になりました。





Facebook 躍進の証拠に、ユーザーの滞在時間や閲覧ページ数が非常に伸びていることが挙げられます。Facebook は2010年12月から2011年の12月までの1年間で、平均滞在時間を37分から4.8時間と4時間以上も伸ばしており、かつ1人あたりの閲覧ページ数も66から500へと8倍近くまで伸びていることから、ユーザーを飽きさせない仕掛けと、スティッキネスを持つコミュニティが形成されていることが伺えます。元記事はFacebook を主体に書かれているのでOrkut の滞在時間や1人あたりの閲覧ページ数は書いてありませんが、おそらくそれほど伸びていなかったのでしょう。

なお、プロパティ別に見ても、マイクロソフトとグーグルに次ぐブラジルで3位の位置になったそうです。






Orkut は、ほぼブラジル
日本のmixi、韓国のCyworld のように、それぞれの国にはローカルで強い地盤を持つSNSがあるのと同様に、ブラジルではこれまで長い間Orkut がナンバーワンSNSでした。Orkut 上での統計データを見ると、ユーザーの半分はブラジルで占められており、Orkut = ブラジルのSNS と呼んでも差し支えないと思います。




Orkut はGoogleの社員であるOrkut Buyukkokten氏が2003年に開設し、2004年初頭に正式オープンしたGoogle純正のSNSですが、開設以降大きなアップデートは少なく、Google Wave や Google Buzz の登場時もその存在を危ぶまれましたし、ここ最近のGoogle+ の本気度を考えると、今後もOrkut の立ち位置は微妙なまま、何となく斜陽を迎えていくのかもしれません。

一方で、Google のブラジルオフィスが開設しているYouTubeチャンネル"Google Channel Brasil" には、ブラジルではOrkut はまだまだ伸びるぜ!という内容のプロモーション動画が2011年7月という比較的最近にアップされており、Orkut への考え方はGoogle Sao Paulo とその外では温度差があるのかもしれません。(動画は20万回以上視聴されていて、他の動画と段違い!)




ところで、特にローカル圏を意識してなかったはずのOrkut がなぜブラジルで(のみ)普及するようになったのかは意外と分かっていない謎です。まだOrkut が今ほどの陰りを見せていなかった2006年には、Search Engine Journal に「Why Brazil Loves Orkut! (なぜブラジルはOrkutが好きなのか)」という記事が出ており、その中でブラジル人がOrkut を好む11の理由が挙げられています。

1. Brazilians are incredibly community oriented and refer to groups as Tribalistas, or tribos. People tend to associate with these groups in everyday conversation and continuously refer to how they are Heavy Metal fans, Evangelical Christians, Sambistas, Macumberos, PT supporters, or whether they prefer Skol to Kaiser. Social Networking caught on really quick in Brazil because of this relevance to everyday life. There is definitely more of a coolness factor to social networking in Brazil.

2. Orkut is very easy to pronounce in Portuguese. Try telling someone from Brazil to go to Friendster.com or MySpace. The names of those sites are lost in translation. When someone pronounces “Orkut” in Portuguese (especially Brazilian Portuguese with the heavy incluence on the “ch” T sound), they can easily spell it, visualize the word and remember it next time they get infront of the computer.

3. Orkut sounds like Yakult or “iogurte” (yogurt). Yakult is the Brazilian version of the popular Japanese Yakult yogurt drink. Everyone drinks it in Brazil when they’re kids. There is a totally unintentional instant association between the words Orkut, Iogurte and Yakut in Brazil.

4. Brazilians with constant Internet access are on the upper echelon of “differencia social.” Although Brazilians are some of the most outgoing people I’ve ever met, they are quite cautious when meeting others and inviting them into their circle of friends. By using a service like Orkut, users can prequalify the new friends they make by judging their ability to access the Internet, write and read correctly, and see which friends they share.

5. The fact that Orkut is now associated with Brazil has added flame to the popularity fire. This is a country which is quite proud of their culture, economic position in South America, and World Domination of Soccer (futbol). Now, they are proud to have Orkut as their own.

6. Mobility – Many young professionals or just younger Brazilians in general have moved from Sao Paulo to Curitiba, Floripa and other bustling southern Brazilian towns (not to mention Miami, New York, Washington DC, Italy, Spain, and Japan). Social Networking is a way to keep in touch with groups of friends much easier than mass emails.

7. A large number of Brazilians access the Internet from Internet Cafes and online gaming cafes. Orkut has grown in popularity due to this mobility factor. One can access their accounts from anywhere.

8. I’ve noticed with some Brazilians, especially women, there is a lot of competitiveness when it comes to attracting attention (this could be universal of course). The awards, fan citations and friendship offerings in Orkut just fuel this tendency. It’s also cool to have Orkut ‘friends’ from Europe, the US, and Japan on your profile.

9. Again, Yakut and pronunciation. When I told the people at Google about the pronunciation factor they seemed amazed. Google is beginning to enjoy the same compatibilty with the Portuguese language. Not to say Yahoo does not, and Hotmail certainly does, but the Google hip factor has made “goo-gly” a new part of the Brazilian Portuguese language and its association with Orkut is beginning to lead to Google and GMail converts.

10. Orkut’s color scheme is the same as the Brazilian World Cup team’s away jerseys (or is it home? the BLUE ones). This is going out on a limb however, since the color is also similar to Argentina’s flag and uniform colors.

11. Lack of advertising. Most Brazilians I know are sick of advertising. Outdoor billboards, political radio infomercials, ads painted on walls, cars driving around with loud speakers on top, people selling water or Silvio Santos Tele Sena lotto tickets clapping their hands at the gate outside of the house – referred to as Poluicao Visual. Orkut has no advertising, yet :)


11とたくさんあるので一つ一つ訳しませんが、この中でもっともらしい理由は、2、3、9 で言及されている、"Orkut" がブラジルの公用語であるポルトガル語での発音がしやすく、しかも多くのブラジル人が子どもの頃に飲む"Yakult" と語感が似ているというあたりです。(Yakult はあの "ヤクルト"です!)

2006年時点でもFacebook はありましたがまだそれほどメジャーではなく、当時は陰りが見えてきたFriendster や、栄華を極めていたMySpace の方がネームバリューがありました。Orkut はそれらと比べて発音がしやすかったそうです。単純ですが、ありそうな理由です。

Facebook のローンチよりも早かったOrkut ですが、これまでも散々言われているように、クローズドのネットワークというGoogle の哲学からするとどうしてもアクセルを踏み切れないまま、Blogger のように放っておかれた時期が長かったことが残念です。



0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...